赤ちゃんの服を考える|肌から抜ける水分を保つ【赤ちゃんに欠かせない乾燥防止の手段】

肌から抜ける水分を保つ【赤ちゃんに欠かせない乾燥防止の手段】

赤ちゃんの服を考える

ベイビー

脱ぎやすいベビー服を選ぶ

ベビー服には、肌着と衣服の二種類があります。まず、三か月までの赤ちゃんが着用する薄い肌着のことを短肌着と呼びます。赤ちゃんが寝転がったままおむつ替えができるように、わざと丈が短く作られています。脱ぎやすいように紐で結ぶタイプのものが主流です。また、短肌着の上に着用する肌着を長肌着といいます。肌着と書いてありますが、実際は足まですっぽり覆われるタイプが多く、一般的なベビー服のようなものです。似た構造の衣服にロンパースがあります。これは上下が繋がった洋服で、長肌着と同じく、つま先まで守ることができます。ロンパースは市場に多く出回っており、ほとんどのベビー服売り場で購入することができます。他には記念日などに着用するベビードレスもあります。通常のベビー服とは異なり、ワンピースタイプが多いことが特徴です。

敏感な赤ちゃんのお肌はケアが大切

ベビー服を選ぶ際のポイントは、縫い目やタグが外側にあることです。赤ちゃんの肌はとても敏感です。タグの角や縫い目が肌に触れ、痒みや炎症がおこることを防ぎます。また、ベビー服のサイズが赤ちゃんに合っているかどうかも調べる必要があります。ベビー服のサイズが小さいと、赤ちゃんは衣服に締め付けられ、自由に動くことができなくなってしまいます。逆に大きすぎる場合も注意が必要です。家具の角などに裾をひっかけ、そのまま転倒するケースも多くみられます。小さすぎても大きすぎても、思わぬ事故に繋がる可能性があります。他には、素材も注目したいポイントです。夏は汗をよく吸収するガーゼ、お風呂上りは保湿性の高いパイルなど。季節や状況に合わせて、よりよい素材のものを選ぶようにしましょう。アレルギーを持つ赤ちゃん向けの素材も多く出回るようになりました。